MENU

知っておきたい子供の病気

 

正しい知識があれば必要以上に慌てることもありません

免疫活動が未発達な子供は様々な病気にかかりやすく、また、体力も弱いので短期間で重症に至ってしまうことも少なくありません。
もちろん予防することが一番良いのですが、もし少しでも気になることがあった場合は当クリニックへご相談ください。

みずぼうそう

水をもった赤い水疱が全身に出ます。発疹は2~3日でピークとなり、その後乾いて赤黒いかさぶたになります。
平均して1週間位でよくなります。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

耳の下(耳下線)が腫れて痛がります。たいてい左右とも腫れますが、片側だけのこともあります。
腫れは約1週間でひき、熱は平均3~4日で落ち着きます。

咽頭結膜炎(プール熱)

発熱・結膜炎・咽頭炎を主症状とする疾患で、プールを介して流行することもあるのでプール熱ともいわれますが、年間を通じて流行がみられます。

りんご病(伝染性紅班)

ほっぺがりんごの様に赤くなるのでりんご病と呼ばれています。太ももや腕には赤い斑点やまだら模様の発疹ができます。

ヘルパンギーナ

夏かぜの一種で38~40℃の高熱が2~3日続きます。のどの奥に小さな水ぶくれができて痛みを伴い、ものが食べられなくなります。
ひどいときは水分も取れなくなり、脱水症になることがまれにあります。

ヘルペス口内炎

ヘルペスウイルスの感染でおこります。38~40℃の高熱が続き、口の中に小さい潰瘍ができてとても痛がります。
歯ぐきが赤く腫れて出血します。

突発性発疹

生後4~5ヶ月から2歳位の赤ちゃんが突然38~40℃の高い熱を出して3~4日続きます。
生まれて初めての熱であることが多く咳や鼻水はほとんどありません。熱が下がりかけるころに体中に赤い発疹が出ます。
便もゆるくなります。

手足口病(てあしくちびょう)

その名のように、手の平、足の裏、口の中に小さな水ぶくれができる病気です。お尻や、膝にできることもあります。
以前にかかったことのある子でも再度うつる場合があります。

©2018 きっずクリニック山田小児科